2009年01月20日

柴又の草だんご

1月の連休のとある日、柴又の帝釈天へ遅めの初詣に出かけた。
初詣にかこつけて、柴又名物草だんごに興味深々な私。
参拝を済ませて、あらかじめ目星をつけておいた一軒に突撃ダッシュ(走り出すさま)
takagiya.JPG takagiya2.JPG 
高木屋老舗」の草だんご。材料はこだわりの国産のようで、“添加物を一切加えていない”というところがポイントに。入り口で食券を買って、空いている席に着き、お茶はテーブルに置いてあるのでセルフサービス。店内には「男はつらいよ」関係の写真が飾られているので、それらを眺めながらお茶を飲んでいると、あまり待つ事も無く草だんごが運ばれてきた。お餅は柔らかく、粒餡のあんこは甘さ控えめで、甘すぎるのが苦手な私でもパクパクペロリと食べられた。5個300円という価格も手頃で良いです。後からわかったことですが、たまたま座った席が寅さんがよく利用した席だったようで、寅さんファンだったらたまらないかも(笑)

yoshinoya.JPGお土産用は別の店で買ってみようかな…と参道をぶらぶらしていると、小さな店構えながら5、6人が並んでいる店があった。のぞいてみると、店の人が大きな餅の塊を手で千切って詰めていた。よもぎの緑が濃くて おいしそ〜♪ 。並んでいる人も地元の人っぽい感じだったので、速やかに最後尾につき、持ち帰り用11個630円を購入。写真は家で皿に取り分けて、餡を乗せたところ。濃い緑色は見せかけではなく、餅に苦味があるほど よもぎが濃い〜〜〜。高木屋の餡より少し甘めの漉し餡がとてもよく合う。こちらも無添加で、国産の材料を使用。当日に全部は食べられなかったので、半分は翌日に。当日が一番なんだろうけど、レンジでチンしたら なかなかおいしくいただけた。あ、こちらのお店は「吉野家」さん。お正月と日曜日と帝釈天の庚申の日しか営業していないと後から知った(詳細は不明)。

高木屋老舗と吉野家では草だんごの個性が違いますが、私はどちらも好きです揺れるハート
posted by たるぱら at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Sweets・菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タルパさん ご無沙汰です。
わがご近所にいらしたので出てきました。
高木屋の草団子はハズせませんね!
寅さん博物館?みたいなのもあります。
映画のセットや写真で寅さん好きな人には
大好況ですが 寅さんに関心のない人には
「ちゃっちー」と言われます。
初夏の頃の矢切の渡しも気持ちいいですよ〜〜。
あっ今度矢切葱も食べてください。
しっかり葱の味がしますから^^。
Posted by にゃんころりん at 2009年01月31日 20:40
にゃんころりんさん!! お久しぶりです。
帝釈天には初めて行ったのですが、
思っていたよりこじんまりしていて雰囲気の良い所でした。
実は寅さんの映画は、今までに観たことがなくて、
知識といえば実家がお団子屋さんということくらいで(^^;
1本でも観ていれば楽しさ倍増だったかもしれません。

矢切の渡しは土手までは行ったのですが、
あそこまで歩く気力・体力がありませんでした…。
今度行く時は河川敷の駐車場に車を停めて、
ゆっくりまわってみたいと思います。
神社の駐車場はどんどん料金が上がっちゃって、
寅さん記念館にも行けなかったんですよ!!
葱も有名なんですね〜
Posted by タルパ at 2009年02月04日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112753678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。