2011年01月26日

釜揚げそうめんに目からウロコ

年をまたいで、引き続き小豆島ネタ。

小豆島2日目。帰りのフェリーに乗る前に遅めのお昼をとることに。
オリーブ公園の近くに『○○製麺所』があったのを思い出して行ってみました。

hiraiseimensho2.jpg

平井製麺所 よくよく見てみると“そうめん”の製造直売所のようで、麺を購入している人が数人。「ここで食べることはできますか?」と聞いてみると、もう店じまいの時間だったようですが、ご好意で食べさせてもらえることになりました!!

hiraiseimensho1.jpg

薬味とつゆが用意され、しばらくすると土鍋で麺がグラグラと踊る釜揚げそうめん(一人前550円)が運ばれてきました。早速いただいてみるとおいし〜い!! そうめんといえば、今まで“氷水”でしたが、こんな食べ方があったとは!!すっかり釜揚げが気に入ってしまって、我が家の大晦日は年越しそばならぬ、年越しそうめんでした。夏にしか食卓に登場する機会がなかったそうめんですけど、これからは寒い時期にも楽しめそうです。薬味の生姜で身体もあったまりますし〜。

hiraiseimensho3.jpg

おいしさに感激して、『わが家の手のべ』黒帯(太さ・中)を購入。
ご主人と奥様の、とても親切で温かい雰囲気が素敵でした!!
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

『醤(ひしお)の郷』小豆島

小豆島はオリーブとそーめんのイメージが強かったんですが、
醤油屋さんがいろいろあったので2箇所ほど見学しました。

まずヤマロク醤油へ。天然のもろみ蔵を見学することができます。

yamaroku1.jpg

長年使い込まれた大きな木樽。
ボロボロなのがミソだそうで、醤油作りに必要な様々な菌が眠っているとか。

yamaroku3.jpg

木の階段を登とっていくと、このような光景が。

yamaroku4.jpg

これがおいしいお醤油になるんですね〜
もろみ蔵を見る機会なんてなかなかないので、貴重な体験でした!!

yamaroku7.jpg

見学を終えて商品を見たら、ついつい買ってしまった 鶴醤菊つゆ
まだ開栓していませんけど、楽しみです♪


yamaroku5.jpg

醤油プリン 300円 みつをかけていただきます。黒豆もおいしい!


yamaroku6.jpg

敷地に木樽が置いてあり、中に入って記念写真を撮る事ができます。お店の人に撮ってもらいました手(チョキ)


.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*


その後、マルキン醤油記念館の前を通ったので寄ってみました。○金マークが目立ってます!!

marukin2.jpg

マルキン醤油は明治40年創業だそうで、工場もあり、敷地もデカイし、小豆島では一番の規模。

marukin1.jpg

蔵と樽。記念館は この向かいにありますが、歴史とか醸造の過程とか、昔の器具などが展示されていたりといったありがちな感じ。昔の醤油職人(?)の格好をして写真を撮れるコーナーがけっこう人気で、順番待ち状態に(笑)見学を終えるとお土産コーナーが待ち構えていましたが醤油は買わず、マルキンギョちゃんのエコバックを購入。

marukin3.jpg

入館料が210円ですが、コレもらえます。
posted by たるぱら at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

オリーブを愛し みどりの小豆島

小豆島2日目(香川の旅3日目)。
宿をチェックアウトして、みかんを買い、オリーブの生っている所を巡ることに。

shodoshima-olive3.jpg

小豆島オリーブ園 の このフレーズが妙に気に入ってしまった。

shodoshima-olive2.jpg

オリーブ畑を散策。

shodoshima-olive1.jpg

オリーブ園に着いたら、またしても雨が降り出してきたので、存分に見て回ることが出来なかった…。どこかに原木があったはずなので、見たかったんだけど。また天気の良い時に来い!ってことかな…

shodoshima-olive5.jpg

道の駅小豆島オリーブ公園 のトーストセット。オリーブオイル、オリーブペーストが添えられてます。じゃがいものスープもgood。ハーブティはクーポンでいただきました。無料でもちゃんとおいしい。せっかく瀬戸内の海が臨める席だったのに、あ、あ、雨で台無しだ〜〜〜

shodoshima-olive6.jpg

メニューはオリーブオイルをかける系が主。

shodoshima-olive4.jpg

オリーブ関係のお土産。化粧品の類は買いませんでした。
左から【オリーブ茶】オリーブポリフェノール含有、コラーゲン100mg配合。なんだか健康に良さそう。【オリーブサイダー】オリーブ果汁1%…とのことなので、雰囲気で飲むものかと。レトロなラベルが購買意欲をそそる。【オリーブペースト】トーストセットでおいしかったので購入。オリーブはスペイン産。【小豆島産新漬オリーブ】東洋オリーブの直売店で購入したので、630円の10%引き。昨年、成城石井で買った時より値上がりしてるような?

新漬オリーブの過去記事はコチラ
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村に着いたとたん、とうとう雨が…

24eigamura14.jpg

きれいな海が望めなくて残念…

24eigamura13.jpg

レトロなボンネットバス。

24eigamura10.jpg

先生と十二人の生徒たち。一作目の映画が無料で放映されていて見たかったんですが、時間がなくて断念。小説を読むなり、映画を見るなりしてからのほうが より楽しめますね、当然ながら。

24eigamura1.jpg

62年に映画化された時のオープンセットを残して改築したという建物は、駄菓子屋や土産屋や食事処として使われていました。

24eigamura2.jpg 24eigamura3.jpg 24eigamura11.jpg

昭和な雰囲気の看板。ほっこり〜

24eigamura12.jpg

施設内のcafeシネマ倶楽部で休憩。せっかくなので給食セットを注文してみた。カレースープみたいなのは好んで食べたい味ではありませんでしたが、昔の給食を体験するってことで、おいしさを求めてはいけないのかもね〜。揚げパンは私が小学生の頃の物より格段においしかったです(笑)


.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'



この後、森國酒造のカフェへ。時間がなかったので少しだけ。↓の写真は暗い中でかろうじて撮れたケーキセット。お皿が渋い。コーヒーの器もそんな感じでした。島唯一の酒造だそうで、ゆっくりお酒を味わえればそれが一番かと…。店内の雰囲気は良いですが、アルバイトっぽい人の接客がイマイチ。カフェを後にして、急いでエンジェルロード(干潮によって1日2度、島と島が繋がる道が現れる)に向かいましたけど、一応砂の道を歩いたものの、真っ暗で何が何やらよく見えませんでした(涙)
morikuni-cafe2.jpg
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

寒霞渓でロープーウェイに乗ってみた

雨が降らないといいなぁ…と祈りつつ、猿や鹿が車道に飛び出してくる山道を登り寒霞渓へ向かいました。

寒霞渓に到着後、さっそくロープーウェイに乗ることに。HPの割引券をプリントして持参したので10%引き。乗り場で待っていると到着したロープーウェイは満員でしたけど、私達は他のお客さんと5名ほどで快適♪

kankakei2.jpg

岩の間をすり抜けていく感じが面白〜い。片道5分ほどだったでしょうかね、あっという間に着いてしまいました。下には遊歩道があるとのことでしたが歩く気力は無く、すぐ山頂駅にリターン(^ロ^; ロープーウェイって、すんごく久しぶりに乗ったような気がする。

kankakei3.jpg

展望台から。晴れていれば海や空の色が映えて、良い眺めだったのにね〜

kankakei4.jpg

日本三大渓谷美のひとつで、国立公園に指定されているそうです。

kankakei5.jpg

わずかに紅葉していました。紅葉シーズンには多くの観光客が訪れて、ロープーウェイに乗るのに大変な行列ができるらしい。(@@)

kankakei10.jpg

完熟オリーブソフト350円 売店で「果肉入り」って書いてあったので、オリーブ好きの私は果肉を楽しみに食べてみたんですけど〜果肉がどこにも見当たりませんでした…。いったい何処に隠れていたの…果肉…
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

フェリーで小豆島へ

香川の旅2日目。am9時何分かのフェリーに乗って小豆島へ!!
高松〜小豆島まで1時間ほど。片道の運賃は乗用車4m未満(運転者含む)4810円+大人1人670円。10/31まで「ふねタダ祭り」という小豆島をあげての企画があり、帰路の運賃がタダのプランを利用。このプランがあったので、この時期に小豆島行きを決行したのでした。

shodoshimaferi1.jpg

車でフェリーに乗るのは初めてなので、ワクワク〜

shodoshimaferi2.jpg

初乗船記念に写真を撮りたくて、ゆっくり入場してもらいました。

shodoshimaferi3.jpg

奥の係りの人がいる所までユルユルと進んでいく。
客室へ行くとまだ乗船している人も少なく、人気の前の方の席が空いていました!!
あとは売店のうどんを食べたり、景色をボーッと眺めているうちに小豆島に到着。

shodoshimaferi4.jpg

乗ってきた船。瀬戸内芸術際の期間で、はためくノボリ。

近くを少し散策したかったのですが、天気が崩れそうだったので早めに昼食をとることに。

maruse1.jpg
食堂マルセ 民宿ですが、食堂は一般の人も利用可。私達以外は宿泊者のようでした。

maruse2.jpg

島じまん定食 680円 刺身、そうめん、ごはん、佃煮、おしんこ
そうめんは「冷、温、にゅうめん」から選択。刺身が新鮮でした!朝のバイキングがまだお腹に残っていて、盛の良いごはんは完食ならず…。この後、島内観光に向かいます車(セダン)
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

神椿カフェ

金刀比羅宮に向かう参道入り口から500段くらい登った表書院のあたりに、資生堂パーラーが経営する神椿がある。「行きたいけど無理〜〜〜」と思っていたら、なんと裏の方から車で回りこめることがわかった!!ほんとにこんな山道から行けるのか?と不安になりながらも所々にある案内を頼りにたどり着きました。

kamitsubaki1.jpg

スタイリッシュな入り口。

kamitsubaki4.jpg

このオシャレな壁の内側がカフェ。セルフ式なので、注文した物を持って好きな席へ。グループで来る人も多いので、テーブル・椅子があちこちに移動されていて、ちょっと雑然とした雰囲気になってしまいますが、店内はガラス貼りで山の木々がいい感じです。

kamitsubaki2.jpg

神椿パフェ 800円
適度にボリュームありますが、くどくないので楽に完食。抹茶アイス、生クリーム、白玉、わらび餅?、下のゼリーみたいなのが、それぞれおいしい。老若男女、ほとんどの人がこれを食べてました。

kamitsubaki3.jpg

アイスコーヒー 400円
オットはこれを飲んだ後、御本宮へ。私はパフェをつつきつつ、待機。

kiiroiomamori.jpg

御本宮でのみ授与される『幸福の黄色いお守り』を買ってきてもらいました!!
ミニこんぴら狗とセットの物は1500円ですが、お守りは単品で800円。
ウコンの黄色が輝いていてぴかぴか(新しい)御利益ありそうですわーい(嬉しい顔)
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

灸まん本舗石段や

うどん屋巡りの後は観光へ。こんぴらさんに到着です。

konpirasan1.jpg


石段に至るまで平坦な道がしばらくあり、いろんなお店が並んでいますが、
旅行会社のクーポンを使える“お休み処”があったので寄ってみました。

kyuman2.jpg

灸まん本舗石段や お灸の形をしたお饅頭で有名のようです。
向かって左が売店、右に茶屋風の休憩スペースがあります。

kyuman1.jpg

お茶セット 灸まんと羊羹とお茶 200円 (これはクーポンで無料)
灸まんは小さくて食べやすいサイズ。味は“ままどおる”に似てる。

付近にはソフトクリームを売ってる店がやたら目につきましたが〜
石段を登る前に、甘味を摂るのもいいもしれませんね!!
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

香川でうどん

10月に2泊3日で香川に行ってきました。空港に到着して、レンタカーを借りて、早速 目的のひとつである“うどん巡礼”をすることに。「この近くでおいしいうどん屋さんは?」と地元の人に尋ねたら、るみばあちゃんで有名な池上製麺所を紹介されたので、速やかに直行〜

ikegami-seimen4.JPG

土曜日だったので混んでいるかと思ったら、まだ空いていました(10時半頃)。
駐車場はわりと広く、警備員さんもいたので入りやすい。

ikegami-seimen3.JPG

小ぎれいな建物の入り口に“システム”が書いてあるので、初心者でも安心(笑)
こちらはセルフ店ですが、うどんは中の人に注文して受け取る。天ぷらは並べてあるので好きな物を自分で取り→レジでお金を払い→空いてる席に座って食べる。

ikegami-seimen1.JPG

あつかけ(小)150円 これからまた巡るので小にしておいた。+てんぷら100円
初の『香川DEうどん』ですが、正直言いまして、これは普通な感じでした。他の種類だったら、また違ったのかなぁ?天ぷらが冷えていていたので、揚げたてが出た時にあたればいいのかもしれません。

食べ終わって店を出るとベンチにるみばぁちゃんが座っていたので、一緒に記念写真を撮ってもらいました!!ポーズをとってくれて、かわいかった♪ その横でテイクアウト用の麺が販売されていたので、ついつい3人前500円の物を購入。なんとなく…ですけど、るみばあぁちゃんが客寄せ○○○のような気がして、ちょっと哀愁を感じてしまった…。


続いて向かったのが もり家
moriya2.JPG

こちらも広い駐車場があり、テンション高めの警備員さんがいました。
この時点でまだお昼前だったためか、すんなり入店。

moriya1.JPG

生じょうゆうどん(小)280円 麺は同じ小でもさっきと比べると多め。
麺は太めでいわゆるエッジがきいていて(笑)、モチモチで噛み応えがあっておいしい!!

moriya3.JPG
ぶっかけ(小)250円  オット注文。
半熟の揚げたまご130円も頼んでいましたが、揚げたてアツアツでおいしそうでした。

もり家は一般店といわれる、店員さんがテーブルに注文を取りに来て運んでくれるシステム。それでこの料金は安いです!!人気はかきあげうどんのようで、帰りに空港に行く前にまた寄ろうと思っていたのに、時間が押してしまって寄れず残念でした…。


さらに続いて向かったのが岡製麺所
oka-seimen1.JPG

昼食時で賑わっていましたが、並ぶことなく空いている席に座る事ができました。客は地元の人が
多かった。こちらも店の人に注文すると運んでくれる。こじんまりしたお店。

oka-seimen2.JPG

釜揚げうどん 270円
もう3杯目で味わうどころではなくなってきたものの、スルスルと喉越しよくおいしかった!!
こちらは肉うどんが人気のようでしたが、お腹に肉が入る余地がなく…


うどん巡礼といっても、そうそう食べられるものではありませんね…。行く前は「いくらでも食ってやる!!」と意気込んでいたんですけどね。この後 観光したので、この日のうどんはこれでおしまい。

feri-no-udon.JPG

これは小豆島行きのフェリーで食べたうどんで、てんぷらをトッピング。案外こういうのがおいしかったりします。ホテルの朝食や夕食にも かけうどんがありましたけど、何気においしい。そういえば、コンビニにもイートインのうどんがありました。文化だなぁ。


香川滞在中、最後のうどんは 空港の かな泉で。
kanasen.JPG
かけうどん 350円くらいだったと思います。
かけでも麺に弾力があって、つゆもおいしい。
でも、ここ、かな泉では「海鮮かきあげぶっかけ」が正解だったのかも…とは、後から知ったこと。

やっぱり、本場のうどんはおいしかった!!いつになるかわからないけど、また行きたい!!
posted by たるぱら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。